街録ch

下駄華緒のwikiプロフィール!本名/年齢/大学/バンド/彼女や結婚相手/勤務先の火葬場どこ?

TRENDLABOのカオス(@trendlabo_jp)です!

街録チャンネルに出演し大きな反響を呼んでいる下駄華緒さん。

バンド活動を行いながらかつては火葬場職員や葬儀屋をするという
異色の経歴を持っています。

さらに怪談師という一面もある非常にユニークな方です。

どうしてバンドマンである下駄華緒さんが音楽とは無縁に見える
葬儀という道へ関わるようになったのでしょうか?

今回は下駄華緒さんについて詳しく調べてみました。

 

下駄華緒のwikiプロフィール!本名/年齢/生年月日/出身/身長/体重は?

下駄華緒さんのプロフィールについて紹介します。

〇 下駄華緒のwikiプロフィール

  • 名前:下駄華緒
  • 本名:夏川雄介
  • 生年月日:1984年4月6日(38歳)
  • 出身:兵庫県尼崎市
  • 血液型:A型
  • 職業:ミュージシャン、元火葬場・葬儀屋職員
  • 資格:火葬技術管理士一級

下駄華緒さんは1984年生まれの現在38歳。

現在はプロのミュージシャンとしての活動に加えて
怪談や火葬場の経験談などでトークライブなどを行っています。

その他にもyoutubeチャンネルの「火葬場奇談」や「不思議大百科」
で自身の体験談を投稿されています。

最近では「最期の火を灯す者」というエッセイを出版し
5万部を突破して注目を集めました。

下駄華緒さんの注目すべき所は火葬場職員を経験している点でしょう。

色んな経歴を持つ芸能人の方は多数いらっしゃいますが
火葬場職員を務めていたことがある人は見たことがないと思います。

しかも火葬技術管理士一級という専門資格も持っています。

 

 

バンドマンなので常識を破っているイメージを持ちますが、
これは予想外の経歴だなと感じてしまいますね。

 

下駄華緒の生い立ち/経歴!出身中学/高校/大学/最終学歴や偏差値は?

下駄華緒さんがミュージシャンを志したのは中学生の頃。

当時「ドリフ」で高木ブーさんがウクレレを弾いていたのを
見たのがきっかけでした。

下駄華緒さんは見ていてかっこいいと思ったそうです。

中学や高校についての情報は現在公表されていません。
兵庫出身なのでおそらく地元近くの学校に通われていた
のではないかと思われます。

 

高校卒業後はインディーズとしてバンドを続けていた下駄華緒さん。

30歳になってついにメジャーからオファーがかかり
CDを出すことが決まります。

しかし、当時のバンドでボーカルを担当していた女性が
病気になってしまい、1度休止することになってしまいます。

下駄さんが火葬場職員を始めたのがインディーズで続けてきた間の頃でした。

当時のバンドの先輩に「人を焼いたことがある」という方がいたそうです。

噂だけを聞くと怖そうに聞こえますが興味を持った下駄さんが
その先輩に話を聞いてみるとその先輩が火葬場職員だったことを知ります。

このことがきっかけで火葬場職員になったと語っています。

色んな縁やタイミングが重なってバンドマン兼
火葬場職員という異色の経歴を持ったというのが感じられます。

 

現在はボーカルが回復しバンドとして再スタートを切りました。
それと並行してYouTubeでの発信や火葬場に行って職員へアドバイスをする
活動もしているそうです。

また、昔からの知り合いである松原タニシさんの勧めで
怪談師としての活動も行っています。

2019年には「怪談最恐戦」という大会で
「最恐位」を獲得し見事優勝したこともあります。

非常に多彩な面で活躍されている方ですね。

 

下駄華緒の実家の父/母/兄弟などの家族構成は?

下駄華緒さんの家族構成は父、母、母親の違う弟がいます。

父は刑事だったそうですが、下駄華緒さんが小さい頃に
離婚していました。

そのため、下駄華緒さん、母、祖父、祖母の4人で
暮らしていたと話されています。

下駄華緒さんの母親は下駄さんのバンド活動に対しては
心配はするものの応援していました。

一方で父親に関するエピソードはあまり話されていませんが
現在は仕事を退職したという事を知っているので
ある程度の関わりはあるのではないかと思われます。

 

下駄華緒が働いていた火葬場はどこ?

実際に下駄華緒さんが働いていた火葬場というのはどこだったのでしょうか?

調べてみましたが詳細な情報はありませんでした。

仮に地元の兵庫県でバンド活動を続けていた場合は
関西地域で働いていた可能性があります。

一方でバンドで売れるために上京したのであれば
東京周辺の火葬場で働いていた可能性が高そうです。

 

下駄華緒さん曰く、民営の会社に勤めていて色んな火葬場に行ったそうです。

もしかしたら、拠点として働いていた所はあまり
ないのかもしれません。

 

下駄華緒のバンド名は「ぼくたちのいるところ。」!どんなバンド?動画は?

下駄華緒さんは以前「ぼくたちのいるところ。」という
バンドでベースと作曲を担当していました。

ボーカルは人生ダメ子さんが担当しています。

下駄華緒さんは荒々しいバンドと評していて
コアなファンが多い様子でした。

ユニバーサルからメジャーデビューの声がかけられ
CDを出すことになります。

しかし、人生ダメ子さんが病気になってしまったため
バンドは休止することになりました。

 

しかし、現在は人生ダメ子さんが回復され
新しいバンド「ゆめの向こう側」を新たに結成します。

下駄華緒さんはそこではギターを担当されています。

2022年11月には観客を入れたライブも行っており
今後の活躍が期待されます。

 

下駄華緒の彼女&歴代彼女や好きなタイプは?結婚して子供がいる?

下駄華緒さんはまだ結婚はされていません。

彼女の存在についても特に発表されていない状態です。
ですが昔からバンドをやっているので過去には何人か
彼女がいた可能性はあります。

話もスラスラ聞き取れてとても面白いので
モテる条件は整っていると思います。

ちなみに過去の投稿にはなりますが、
「下駄さんの彼女を作ろうの会」というものが発足されたことがあります。

https://twitter.com/geta_hanao/status/956579487621242886?ref_src=twsrc%5Etfw

内容を見てみると、下駄華緒さんに彼女ができない理由について簡潔にまとめられています。

若干辛辣なものもありますが。

 

下駄華緒の現在の病気は?

下駄華緒さんはこれまで特に大きな病気にかかっている
という噂は出ていません。

おそらくバンド仲間の人生ダメ子さんが「サルコイドーシス
という難病になったこと関連で出ているのではないかと思われます。

サルコイドーシスという病気は若者から高齢者にかけて
起こる原因不明の病気です。

色んな臓器に影響を及ぼすので症状は様々ですが
人生ダメ子さんの場合は全身に蕁麻疹のようなものが出た
というエピソードを下駄さんが話されていました。

少なくとも皮膚に症状が現われていたことがわかります。

10万人に1人とかなり珍しい病気ですが適切な治療を受ければ
ほとんどの方は安定するとされています。

 

まとめ

今回は異色の経歴を持つバンドマンの下駄華緒さんについてまとめました。

火葬場職員という実態がよく分からない仕事を
軽快な語り口でわかりやすく説明されています。

これを機会にぜひ下駄さんのYouTubeをチェック
してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

error: Content is protected !!